読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のための健康まとめ!

私が行ったことのまとめをつづります

今日も暇なので弾む素肌になるケアについて公開します。

今日検索で集めていた情報ですが、「体の中に取り込まれたセラミドは一度は分解され他の成分に変異しますが、それが表皮に届くとセラミドの産生が開始されて、角質層のセラミド含有量がアップするという風にいわれているのです。」と、提言されているようです。

それじゃあ私は「 普通市場に出ている化粧水や乳液などの基礎化粧品や健康食品・サプリに入っているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが主に使用されています。安全性の高さの点から判断した場合、馬や豚が原料になっているものが極めて安心して使えます。」な、解釈されているようです。

だから、肌の一番外側にある表皮には、強靭で丈夫なタンパク質より作られた角質層といわれる膜が覆うように存在します。この角質層部分の細胞同士の間を埋めているのが「セラミド」という生体内脂質の一種です。」と、解釈されているようです。

今日書物で集めていた情報ですが、「化粧水というものにとって重要な働きは、単純に水分を浸みこませることではなくて、もともとの肌本来の力がきっちりと活かされていくように、肌の健康状態をコントロールすることです。」な、結論されていと、思います。

私がサーチエンジンで探した限りですが、「単に「美容液」といっても、多くのタイプが存在して、十把一からげに解説することはちょっと困難ですが、「化粧水と比べて多めに美容にいい成分が入れられている」とのニュアンス と同じような感じかもしれません。」と、結論されていようです。

今日書物でみてみた情報では、「1g当たり6Lの水を抱え込める能力を持つヒアルロン酸は、皮膚ばかりでなく広範囲に及ぶ部分に多く含まれていて、皮膚に関しては特に真皮の部位に多く含まれているとの特徴を有するのです。」な、いわれているみたいです。

このため私は、「、現時点までの研究によれば、プラセンタの多くの有効成分の中には単なる栄養素としての多種類の栄養成分だけというのではなく、細胞の分裂速度を上手にコントロールする力のある成分がもとから含まれていることが発表されています。」な、解釈されているみたいです。

私がサーチエンジンでみてみた情報では、「成人の肌のトラブルを引き起こす多くの原因はコラーゲンの量の不足であると思われます。皮膚の真皮層のコラーゲン量は年ごとに減少し、40歳代ともなれば20代の50%くらいしかコラーゲンを合成できなくなります。」と、提言されているらしいです。

それじゃあ私は「 「無添加と謳われている化粧水を選ぶようにしているので問題はない」なんて想定している方、その化粧水は間違いなく無添加なんでしょうか?一般にはあまり知られていませんが、1つの添加物を抜いただけでも「無添加」を訴求していいのです。」と、提言されているそうです。

私がサーチエンジンで調べた限りでは、「コラーゲンの働きで、肌に若々しいハリが取り戻されて、気になっていたシワやタルミを健康に整えることが実際にできるわけですし、それ以外にも水分不足になった肌への対策にだって十分なり得るのです」だと公表されているそうです。