読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のための健康まとめ!

私が行ったことのまとめをつづります

今日も気が向いたのでふっくら素肌を保つケアについて綴ってみた

本日色々調べた限りでは、「体内のあらゆる部位で、次々とコラーゲンのアミノ酸への分解と各種酵素による合成が活発に繰り返されています。年齢を重ねると、このうまく釣り合っていたバランスが崩れることとなり、分解量の方が増大してきます。」な、公表されているようです。

素人ですが、文献で探した限りですが、「食品として体内に摂取されたセラミドは一度分解されて違う成分に変異しますが、その成分が皮膚表皮に届くことでセラミドの生成が促進され、皮膚表皮のセラミド含量が増大していくわけです。」な、結論されてい模様です。

私が文献で調べた限りでは、「アトピーの治療の際に使用が推奨されることもある保湿成分として有名なセラミド。このセラミドを使用した高品質の化粧水は保湿する効果が高く、肌荒れの元となる要因から肌をしっかりガードする効能を強固なものにしてくれます。」と、提言されているとの事です。

本日書物で集めていた情報ですが、「肌のアンチエイジング対策として何よりもまず保湿と潤いをもう一回取り戻すことが最も重要なのです。お肌にたくさんの水をキープすることで、角質防御機能がうまく発揮されることになります。」のように提言されているそうです。

こうしてまずは「セラミドが含有されたサプリや健康食品を毎日欠かさずに体の中に取り入れることによって、肌の水分を抱え込む機能が一層アップすることになり、体内のコラーゲンを安定な状態で保つ成果が望めます。」だといわれているみたいです。

私が書物でみてみた情報では、「成人の肌のトラブルの要因のほとんどがコラーゲンが不十分であることによると考えられます。皮膚のコラーゲン量は加齢と共に減り、40代を過ぎると20歳代の頃の5割前後しかコラーゲンを合成できなくなります。」な、いう人が多い模様です。

最近は「保湿の重要ポイントは角質層の水分量に他なりません。保湿作用のある成分が贅沢に添加された化粧水で角質層を奥深くまでうるおし、補給した水分量が失われないように、乳液やクリームなどを使って最後にふたをして水分を閉じ込めましょう。」のように結論されていそうです。

最近は「「無添加ブランドの化粧水を確認して使っているので全く問題ない」と思っている方、その化粧水は本当の無添加品ですか?実態は、有害性があるとされる100種類以上の成分の中の1つを配合しないだけでも「無添加」を売りにして特に問題はないのです。」と、解釈されていると、思います。

なんとなくサイトで探した限りですが、「顔を洗った後は放っておくと化粧水の肌へのしみこみ方は減少します。また洗顔により顔の皮脂汚れなどを落とした後がもっとも乾燥が悪化するので、できるだけ早く保湿成分の入った潤い効果のある化粧水を塗らないと乾いた状態になってしまいます。」な、公表されているそうです。

本日書物で集めていた情報ですが、「有名な美容成分セラミドにはメラニンの生成を防ぎ、日焼けなどが原因のシミ・そばかすを予防する美白作用と皮膚を保湿することで、乾燥肌や小じわ、キメの乱れなどの色々な肌トラブルを阻止する高い美肌機能を持っているのです。」だという人が多い模様です。